狂い死にの牢

牢獄

これは私が刑務所に勤めていた時の話です。
今も昔も、刑務所はどこも過剰収容状態で6人部屋に8人収監するような状況でした。
しかも私が勤める刑務所は、重犯罪者を多く抱える刑務所です。

そんな中、私が勤める刑務所には、あまり使われていない独房がありました。

ある日、囚人たちの話が耳に入りました。

この刑務所には「狂い死にの牢」と言われる独居房があり、
その房に入った人間が3日で狂い死ぬという話でした。

確かに使っていない房があります。

後日、先輩の看守が『狂い死にの牢』について教えてくれました。

昔、ある一人の凶悪犯が入って来ました。
その男は若い女性ばかりを襲った凶悪犯です。

大変乱暴な男で、雑居房で喧嘩ばかりするので、独房に入れる事にしました。

次の日、男が変な事を言い出しました。
『白髪の髪を振り乱した………ばあさんが前を通るんだ』

ここは厳重に管理された刑務所です、女性は居ません。

さらに次の日、男は朝からガタガタ震えて、日頃バカにしていた看守に懇願します。
『雑居房に戻して下さい。別の独居房でもいいから』

刑務所はホテルでは無いので、そんな要望は通りません。
『あのばあさん、俺を探してるんだっ、頼みます、今日だけでいいから』

あまりにも騒ぐので、ちょうど来ていた教戒師(お坊さん)に話を聞いてもらう事にしました。
男はまるで別人のように素直になり、若い女性を殺して山に埋めた事を告白しました。

ところが次の日の朝……

両方の指を何本か噛みきった姿で死んでいました。
男は恐ろしい形相です、よほど恐ろしい目にあったのでしょう。

死因は心臓麻痺。

男の言うとおり、山中から若い女性の遺体が発見されました。

それ以来、男の死亡した房に囚人を入れると発狂状態になり、
数日で指を噛みきって死んでしまいます。

その房に入れた囚人は、みんな髪を振り乱した白髪の老婆に怯えます。
いつしか『狂い死にの牢』として、囚人の間からも恐れられる場所になりました。

看守たちは抜け目なく、反抗的な囚人を『狂い死にの牢』入れます。
どんなに凶暴な囚人も涙を流しながら、房を変えてくれと懇願します。

凶悪犯ぞろいの刑務所にしては治安が良いのは、この房のせいかもしれません。

その後、私は『狂い死にの牢』のある区画の担当になりました。
夜間は交代で巡回をするので、1時間に一度『狂い死にの房』の前を通らなければなりません。

同じ頃、所長が人事異動で変わり、過剰収容が問題になりました。
何も事情を知らない所長は、開いている独房がある事に気が付きます。

我々看守は所長に叱られ、仕方がなく囚人を入れる事にしました。

一番凶悪で反抗的な囚人を選びました。

男は度胸試しのつもりか『狂い死にの牢』に入れられる事を仲間に自慢していました。
私にも反抗的で、最初の日は注意してもヘラヘラ笑っていました。

その日の深夜、『狂い死にの牢』の前を通ると、男が窓を覗く私に話しかけて来ました。
本来、この時間は会話禁止です。

しかし男は言う事を聞きません『歌、歌が聞こえる子守唄みたいだ。』
私には何も聞こえません。

男に早く寝ろと伝え、見回りを続けました。

1時間後、再び『狂い死にの牢』の前に来ました。

監視用の窓から中を覗いてみると、男が布団を頭から被って震えています。
規則で頭から布団を被る事は禁止されています。

私は鉄格子を軽く叩き注意をしましたが、全くいう事を聞きません。

『ばあさんが、ばあさんが子守唄を歌いながら、廊下を通るんだ!後ろ、うしろに!』

私には何も見えません。
少し怖くなり、男を放置し、見回りを続けました。

次の日、『狂い死にの牢』の囚人が点呼に答えません。
部屋の隅で布団をかぶってガタガタ震えています。

数人の看守が男を抑え無理やり牢から出しました。
男は涙をボロボロ流しながら「房を変えてくれ、たのむ、たのむよ」と繰り返し頭を下げました。
「一晩中、ばあさんが廊下を通るんだ、なあ、変えてくれよ」

変えてくれと言われても独房に空きはありません。
所長も許してはくれないでしょう。

私たちは男をなだめ、刑務作業場所へ連れて行きました。

その日の夜、私は非番で次の日の朝に刑務所にやってきました。

『狂い死にの牢』の囚人は目の下にクマを作り、ゲッソリしています。
「ばあさんが、ばあさんが……入ってきた、角に座ってるんだ……」
同じことを繰り返し呟きます。

その夜、夜勤のシフトが入っていました。
仮眠を終えた私は、決められたコースを巡回します。
『狂い死にの牢』の前に来ました。

恐る恐る監視用の小窓を開けて中を覗き込んでみました。
そこで私は信じられない物を見ました。

ボサボサの白髪の老婆が、寝ている男の顔を覗き込んでいました。
両手の何本かの指が千切れています。

「ちがう、俺じゃない、俺じゃないんだ」
男は声にならない声で同じ言葉を繰り返していました。

私はあまりの事に恐ろしくなり、監視用の小窓を閉じ、逃げるように看守室へ戻りました。
次の日の朝、男は指を噛み千切った姿で発見されました。
死因は心筋梗塞で事件性はありませんでした。

私は男を見殺しにした罪の意識と、あまりの恐ろしさに看守の仕事を辞めてしまいました。

先日、20年ぶりに看守時代の同僚に会いました

『狂い死にの牢』まだ、あるそうです。

ページのトップへ戻る